上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Massively Multiplayer Online Role-Playing Game (マッシブリーマルチプレイヤー オンラインロールプレイングゲーム、MMORPG) は、「多人数同時参加型オンラインRPG」などと訳され、オンラインゲームの一種でコンピューターRPGをモチーフとしたものを指す。

学生時代からの趣味の一つ。
少し前から活動休止状態だったんですが、ついこの程、サークル(MMORPGの世界ではギルド・クラブ・クラン等と表現する)のイベントを期に復帰しました。

ゲームを通じて交友関係が出来るというメリットがあり、始めた頃からの友達は北海道やら九州やら、いろいろな方面に居住しています。
現代のコミュニケーション手段の一つ、ですよね。

また、つながりが強いサークルでは、「オフ会」という、パソコンを通じてではなく、ゲーム内で知り合った人と実際に会って遊んだり話したりできる場を持ったりします。
MMOをやっていない人や、パソコンに詳しくない人の中には「パソコンに詳しい」というだけで「ヲタク」と評したり、「オフ会」という言葉を聞くだけで嫌悪感を抱く人もいるようですが(実際に僕の職場にそういう人がいます)、まぁ、人それぞれです。
別にただ物事に秀でているというだけで見下す態度は許せませんが・・・。

最近の風潮では、パソコン関連の事も広く認知されてきているようで、そういう嫌な評価もなくなりつつあります。
今のご時世、パソコンは使えて損する事はないですよ。


ちなみに僕はオフ会として北海道や東京といった遠方に足を運んだ経験がありますが、夜の飲み会等はぶっちゃけ普通の飲み会と変わらないと思っています。場所は遠いですが。


話がそれましたが、復帰です。

かつていろいろなゲームに手を出していましたが、今は仲間がいるという事で、「テイルズウィーバー」というゲームをやっています。

このゲームもかつて何度も辞めたりしていたのですが、、、


MMOのゲームには「中毒性」がある、と方々でささやかれています。

強くなるという楽しみ。
仲間がいる、と言う事。

他にも様々な要因があると思います。

また、ゲームのアイテムを実費で買わなければならない場合もあるので、それが積み重なって、債務を抱えるケースも少なくないそうです。

ご利用は計画的に。


とにかく、中毒性です。
一度辞めてもまた復帰するという率が非常に高いそうです。
パソコンとインターネット環境があればいつでも出来るわけですしね。
やはり心理的に「友達との縁をきってしまう」という気持ちが働くんでしょうか。
メッセンジャーその他、コミュニケーション手段はあるとは思いますが、
画面を通しての場の共有が出来ない事。
それをみんながやっているのに自分だけ出来なくなるという疎外感。
やはり孤独では生きて行けない、と言う事かもしれません。

僕もその一人なのだと思います。
というわけで、テイルズウィーバー、やってます。おいてけでした。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。