上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。三週連続桜見物とはどういう了見だ?・・・おいてけです。
先々週の名古屋市桜巡り、先週の吉野山に続き、今週もまた桜を見て参りました。

場所は長野県伊那市高遠町の「高遠城址公園」。
高遠は、大奥の映画をご覧になった方は解ると思いますが、「絵島(江島)」の幽閉された場所でもあります。

日本3大桜の名所にも指定されているこの公園の桜の名前は「高遠小彼岸桜(タカトオコヒガンザクラ)」。この公園内に1500本ほどの桜が植えられています。
タカトオコヒガンザクラは、江戸彼岸桜(エドヒガンザクラ)の仲間で、よく見かけるソメイヨシノより小振りで、色が濃いのが特徴です。

桜の知識はさておき。

元々は一人で出かける予定でした。ところが前日、相方から
「明日は休みだ」
という連絡をもらったので、早速誘ってみると、渋々ながらなんとかOKの様子。

当日。朝6時に起きて、相方に電話をかけて、無理矢理起こし、
もそもそと着替えて出発。
相方の家に行くと、相方が家の外で待っていたので、そのまま拾っていざ目的地へ。

中央道を通り伊那インターで下りると、既に桜が沢山。
伊那インターの桜はだいぶ散っていましたが、まだまだ奇麗でした。
そこから国道で高遠方面へ走ると、意外と空いています。
さすがに公園前は混んでいて、駐車場は満車。少し離れた所にある臨時駐車場へ案内されました。
そこからシャトルバスで公園まで行きました。

当日は天気が心配でしたが、低気圧が通過した直後で、青空がまぶしいいい天気に恵まれました。おかげで空の青と雲の白と桜のピンクと若葉の緑が陽光に映える、絶好の花見日和になりました。その分人が多かったけど・・・。

一通り桜見物をして、その後近所のお店で蕎麦を食べ、土産を買って、帰路に着く事になったんですが、そのまま帰るのもしゃくだから、行った事のない道の駅「遠山郷」を目指す事に。

国道を外して、あえて県道を通ってたら凄い山道でしんどかった・・・。
道の駅に着いた頃には日も傾きかけていました。
眠くなったので取りあえず少し寝ようと思ったら、1時間半も寝ちゃいまして、起きたら相方がいなかった。どうやら暇を持て余して道の駅内を散策しているらしいです。
メールで呼び戻して、再び帰路に。

名古屋に着いたのは午後8時。それから食事を、ということで、何を食べるかでかなり迷いましたが、結局回転寿司に決定。
土曜の夜だったので、待ち時間が異常でした。9時半頃ようやく食事。

その後、相方の家に相方を送ったついでに、上がり込んで土産の試食やらゲームやらやって、相方が寝るというので、ようやく家に帰りました。午前1時半。

有意義な1日となりましたが、運転しっぱなしだったから疲れました。
相方に変わってもらえば良かったな・・・。

桜の写真ですが、HPの方に掲載するかもしれません。

印刷しようとしたら、インクの黄色が変色してたから諦めたおいてけでした。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。