上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフトバンクモバイルHPのプレスリリースに6月4日付けで発表がありました。

http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2008/20080604_01/

今日の朝刊や、ニュースではかなり取り上げられていたようです。

それ程の大ニュース。

当初、日本での販売はシェアNo.1のドコモが最有力とされてきました。
一時期、こんな情報が流れたり
ジャーナリストが自信満々にこんなことを話していたりしていましたが、
当初の予想を覆してのソフトバンクからの発売。

先日、タレント好感度ランキングでお兄ちゃん役のダンテさんが言った言葉が正に物語ってくれます。


「予想GUYデ~ス」


当のソフトバンクに取ってみればそんなに予想外ではないのでしょうけどね。

さて、にわかに脚光を浴びてちまたを賑わせているiPhone。
果たして実際の所はどうなんでしょうか?

一度冷静になって考えてみましょう。

電話やメールはもちろん、iPodとしての機能も兼ね備えた万能機、iPhone。
発売と同時に持てば、羨望のまなざしで見られることは間違いないでしょうし、iPod同様、一種のステータスになるかもしれません。

しかし、僕としては、今の携帯電話が使いやすい人には決して勧められない代物だと思っています。
理由は簡単、「使用スタイルが違いすぎるから。」

いまの携帯電話は片手で操作することが出来、熟練者ではブラインドタッチも出来ます。ほぼ出来ます。出来るよね?
それに対し、iPhoneは、片手でホールドして、もう片方の手を使って操作、つまり両手が塞がる訳です。
ソフトバンクが先に発売している「インターネットマシン」を思い起こしてみてください。
10キーの代わりにqwertyキーボードが取り付けられているアレです。

慣れないと、逆に使いづらい。

これが本音だと思います。
iPhoneは俗にいう「ケータイ」では無く、「スマートフォン」の部類なのです。
これは、日本人(とりわけ学生)がよく使う「メール」の類いについてはケータイに比べて使いづらくなります。片手でぴぴっと、というのが難しいですからね。

また、ビジネスに利用出来るか、というと、これもまた微妙な所。
どちらかというと、既に発売されているWindowsケータイ(いわゆるスマートフォン)を使った方が、同期を取ったり、ファイルを読み込んだりする面で有利になるからです。

じゃあiPhoneは一体どんなユーザーを対象にしているのか?

ズバリ、Macユーザーでしょう。

iPhoneにはMacOS?が組み込まれており、更にiTunesからアドレス帳、カレンダー、音楽、写真、ビデオがシンクすることが出来ます。
また、インターネットブラウザもMac標準のSafariが内蔵。正にMacユーザーの為のスマートフォン。

人には勧めないけど、自分はどうなのか。

それはもちろん、即手に入れる!です。

僕はMacユーザーなので、発売と同時に手に入るように、アップルストアで予約が開始されたら、速攻予約をしておこうと思います。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。