上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊張した~。

今日は卒業検定。
少ないかと思ってたら意外と多くて、総勢19名が受験しました。


以下、レポート的な何か。

早めに到着し、
待ち合い室で待っていると、試験官二人が登場。
卒業検定の受付手続きをチャチャッと済ませ、今日のこの後の予定をさらっと言われる。

今日の検定コースは「その2コース」か。
昨日コースを間違えたやつだ。注意せねば。。。

受験番号を交付され、僕は6番。
よし、早く終われる~、と思いきや、

「3グループに分けて案内しますので」

1~6、7~13、14~19と分けられた。

・・・最後かよ(笑)

というわけで、使う頻度が少ないからなのか、新品同様のゼッケンをもらい、あまりにも簡単な視力検査を済ませ、待合室で再び待機。

で、待つ事数十分、自分の番。
とはいえ、小型受験は一人だけ。試験官が車両を準備して、一言。

「暖まってないから、もう少し待っててね」

教習中に何度聞いたかこの台詞。。。
待つ事1分

「準備出来てる?」

ええ、それはもう1分前から。

「じゃ、取りあえず大丈夫だと思うから、一周走って来て、調子悪かったらまた呼んで」

取りあえず、て。

仕方なく一周のんびり走らせてみると、いつもよりシフトが入りやすいし、エンジンも暖まってる様子。オイル交換したのかな?

そして、僕の検定が開始。
ガチガチになりながら、交差点をまがりーのS字をまがりーのクランクをまがりーの一本橋をこえーの踏切をわたりーの急制動でとまりーの坂道でとまりーの発進しーの止まりーの降りーの。

試験官より一言

「どうだった?」

いや、むしろこっちが聞きたいよ。

まぁ何はともあれ無事終わったのだ。
あとは結果を待つのみ。

しばらくして、大型スクリーンに合格者の番号が表示される。
06、ありましたありました。19人中16人が合格。

程なくして、合格者はとある教室に呼ばれ、免許、卒業証明等を渡される。
運転免許センターに行く事の説明をうけ、解散となった。

そういえば呈茶券がまだ余ってたな、と、喫茶コーナーで勝利のコーヒーを一杯。
更に余っていた呈茶券をクーポン代わりに使えるとのことで、併設のコンビニで必要なものを購入(というかむしろ引き換え)。

これでめでたく卒業出来た訳である。
次の平日休みは来週火曜。朝から平針の運転免許センターだ。

以上、レポート的な何か。

帰りにiPhoneの新しいジャケット(カバー)を買い、CDを数枚借りて来ました。

いよいよ次回、この企画の最終回です。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。