上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜のガレージで一人孤独に。

今日、職場の帰りにホームセンターへ寄りました。
目的はこれ

キャンチョメさんに、そこのホームセンターなら在庫あるよ、と言われたので行ってみたのですが、あるのは緑ばっかり。グレーは一つもありませんでした。

腹いせに、6角ボルトとシックネスゲージを購入。

ゲージを使ってする作業と言えば・・・。


はい、タペット調整です。

タペット音はしなかった物の、なんだか変なエンジン音だったので、調整することにしました。オーバーホールみたいな物も兼ねてです。

家のガレージは蚊が多い事で有名(?)なので、取りあえず対策を施しておこうと思います。
C70タペット調整0
蚊取り線香。レトロです。

まずはシフトレバーを外し、左のクランクケースを開けます。
C70タペット調整1
先日ネジを新しいのに変えたので、簡単にあきました。

次に・・・ここで寄り道。
折角なので、チェーンケースも付けておこうと思います。
今日買った6角ボルトを使って。
C70タペット調整2
そういえばチェーンケースは、引き取ってきて早々に踏んづけて曲げてしまったんでした。
というわけで、手で強引に戻して、なんとか装着。
C70タペット調整3
見た目はオッケー。手でタイヤをまわしても大丈夫そう。

ついでにタイヤの空気も入れておこうと思います。
C70タペット調整4
くうきいれ~。

テレスコピックなツーリング用品ですが、我が家ではこれが大活躍しております。
エアゲージも兼ねてますしね。
で、見てみると、前後とも0.4。規定値の4分の1もありません。
ふんぬぉーーーーとピストン運動させてなんとか規定値まで。

さて、気を取り直してタペット調整です。
エンジンのヘッド部分にある、タペット調整用のキャップを外して、
C70タペット調整5
ほうほう、こんな風になっているのか。
シックネスゲージを入れてみる。


・・・カン。


はいらへん。

冷間時に隙間0な気がしますが、取りあえず緩めて、シックネスゲージを突っ込んで、アジャストしてみます。ちなみに道具は専用の物が無いので、普通のスパナと普通のプライヤーです。
C70タペット調整6
さて、調整完了。

蓋を閉めてっと、・・・パキン。


・・・パキン???


やっべ、タペットのフタが割れた。見事にまぁるく。
取りあえずパッキンが付いているので、すぐにオイルが漏れだすという事は無いと思いますが、早い所予備を見つけておかねば・・・。

で、エンジン音は、と言うと・・・


なんか大きなカチカチ音が鳴ってるんですが・・・。


調整完全にミスってます。
エンジン暖まっちゃったからまた明日。おいてけでした。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。