上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カブが壊れて再び日の目を見たのは6年来の相棒CB50S。

今日から通勤でお世話になってます。

カブが古くて振動が凄かったのに対し、本当に単発なのかというくらい振動が少ないCB。
カブでのんびり走っていたのに対し、本当に50ccなのかというくらい速度が伸びるCB。
カブの箱が便利だったのに対し、箱がなくて超不便だなと感じてしまうCB。

いい事も悪い事も。
通学も通勤もツーリングも。
たくさんの思い出がつまったコイツで、また走ります。


そして、あんどんカブは今週末、僕の手で修理を開始しようと思います。
二度と動かなくなってしまったとしても、それは僕にとっての知識として、記憶として残ります。
たとえどんな結末であれ、来年のカフェカブ京都には、何らかの手段で参加します。
あんどんカブを通じて知り合えた人達との再会が楽しみだから。



ふと思います。



CB50を通じて知り合った、出会った方々。
カブを通じて知り合った、出会った方々。
それぞれ接点は違えど、僕の人生にかけがえのない人たち。


僕は、原付と呼ばれる2輪車たちが、本当に好きなんだと思います。
近所の移動手段ではなく、どこまでも一緒に走る存在。
彼らに乗って風を切った時、その事を再認識出来る。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。