上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、おいてけです。
今日はいろいろネタの多い日でした。

朝は親父がカブデビュー。
で、親父の勇姿。
第204回1

初カブなのでぎこちない。
ギアが上手く入らないとか、フラフラだとか。
見てるこっちがハラハラでした。

次に。
親父、車買い替えた。ホンダのインサイト。4輪はそこまで興味は無いので割愛。
今、欲しいのは軽トラック。

そして、親父、ヘルメット買う。
これで来週から通勤するそうです。不安です。


さて、話はかわりまして、今日の本題。
ついにおいてけ工房、活動開始しました。
第一弾は、既に受注を受け、納期のカフェカブ京都に間に合う様に生産しているヘルメットのステッカーですが、実はまだ作っていないので、早急に作ります。

今回は一応第二弾になるのかな。

「シガーソケット」です。

必要か?と言われるとそこまで必要の無い、でもあると便利な時もあるアイテム、シガーソケット。バイクでも12V車ならつけることができますね。
小排気量のバイクではバッテリーも小さいので無理はかけられませんが、携帯電話の充電くらいには使うことができます。

今年の夏、キャンプツーリングに行こうと考えているので、ここは是非つけておきたいアイテムでもあります。持ってるiPhoneはナビ代わりにも使えますし。

というわけで、早速作成開始です。

まずは取り付け場所ですが、配線の取り回しやiPhoneの固定位置、風雨のことも考えて、ベトキャリ上端部にすることにしました。

ただ、ベトキャリに直接となると、固定方法にこまるので、専用のボックスをアクリル板で作成することに。ステーはコンビニフックの所で一緒にねじ止めする形で固定。

そうと決まればホームセンターで買い出しです。
アクリル板、アクリル接着剤、プラスチックカッター、ボルト、ナット、緩衝用のスポンジゴムを必要数購入。

まずはアクリル板の切り出しです。
第204回2
ステーだけ先にカブに取り付けて幅を確認して、その幅で切り出します。
約10センチほどの幅だったので、スポンジゴムの厚みを考えて幅9センチでアクリル板を切断。縦は11センチ、奥行きは5.5センチ。

切り出しました。
第204回3

次に直方体に組みます。一緒に購入したアクリルパイプ(三角)を補強用として、アクリル接着剤で接着していきます。
第204回4 第204回5

組み上がったのがこちら。
第204回6

画像が横向きなのは手抜きの為です。

次に、シガーソケットを固定する為のネジ穴をあけます。
今回使用したソケットは、DCステーション
2輪用のシガーソケットで、防水タイプで、ソケットにゴムキャップ付き。
こいつは先日のカブ引き取りツーリングの際、道頓堀のドンキホーテで購入済み。

穴あけはコイツを使用。
第204回7
電動ドリルドライバー。

で、穴あけて、ソケットをねじ止めして、こんな感じ。
第204回8

(実は一つ穴あけ失敗してアクリル板を割ってしまったので、二つ目だったりする)


取りあえず形になったので、カブ本体に取り付け。
第204回9

本体横のステー取り付け部分と、ベトキャリに当たる部分はスポンジゴムで緩衝。
配線は、エアクリの穴を通して、レッグシールドの裏を通し、右サイドボックスへ。
通しにくいので結局レッグシールド外して通した。

接続方法はバッテリーに直結。バッテリープラス側にプラスの線、マイナス側は本体アースで。
バッテリーにつないでいる際にドライバーでショート一回。怖い怖い。

で、装着完了。
第204回10
バッ直なのでスイッチが無いのが心配。バッテリー上がらないよな。

試しにUSBインバータと純正ケーブルでiPhone接続。充電良好。
最後にケース上面にiPhoneのスタンドを設置(面ファスナーで取り外し可能)して完成。

朝からいろいろしてたけど、失敗やら途中で休憩やらで、結局夕方になって完成しました。
なんか見た目はアレだけど、キャンプツーリングやロングツーリングとかで使うかな。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。