上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和の日。いかがお過ごしでしたでしょう?
おいてけです。

今日は、5月3日及び、5、6日の2回のツーリングの準備として、整備をしました。3日は相方といくので、朝から相方も我が家へやってきてCBの整備。

チェーンとスプロケットのへたり具合が気になるところですが、今度のツーリングはまだ大丈夫でしょう、という判断で、取りあえずオイル交換を行いました。
ついでにこの間尼崎より連れ帰ったカブカスタムもオイル交換したんですが、

オイル真っ黒でした。

整備、やっぱりしてないよね、このバイク。


さて、本題です。
先の日曜日にカブ「クローバー号」に取り付けたシガーソケット。
昨日のエントリーで公表した通り、今日はインプレを写真を交えて。


まずは外観。
第207回1
アクリル板を切り出してアクリル接着剤でくみ上げた完全DIYなケース。
一応ソケット自体も防水仕様ですが、簡単な雨よけとして作りました。結構堅牢です。
上面に貼ってある面ファスナーはこの後明らかになります。


次はソケット面
第207回2
長いコードはケース奥にぐちゃぐちゃに入っています。手抜きです。
ソケット自体にゴムキャップがついているので、防水防塵は完璧かと。
配線はそのままエアクリのインテークへ入り、レッグシールド裏の上面を這って右サイドカバーのバッテリーへと繋がっています。


面ファスナーの正体。
第207回3
iPhoneホルダーです。ここが雨にぬれたりすると拭いたりするのがめんどくさいので、面ファスナーで取り外し可能にしました。粘着材付きの面ファスナーはホームセンターで買えます。
ちなみに、ホルダーの幅は可変なので、一般的な携帯電話や細身のiPod nano等も装着可能です。


実際にiPhoneを取り付けてみました。
第207回4
ライディングポジションからすると、ずいぶん下の方についているので、走行中に見るのは若干の危険を伴います。また、グローブを装着していると操作はできません。
ただ、マップ機能+GPS機能もあるためナビとしても使えないことはありません。
スピーカーで音楽を聴くのは、音量の関係上、不可能です。
純正のイヤホンマイクでは、長さが足りないので通話も不可能です。
なので、通話時はジャケット等のポケットにiPhoneを移して行うことになります。


固定方法について。
第207回5
ホームセンターで売ってる金属板をステーとして、車体側はコンビニフックと共締め、ケース側はコンビニフックの取り付けで不要となったボルトを使って固定。
緩衝材として粘着材付きのスポンジゴムを使用しました。ベトキャリに接触する部分にもつけました。


最後に充電状態。
第207回6
USBインバータを介して純正のドックケーブルをつないでいます。
ケーブルが長いので、サードパーティーの巻き取り可能なケーブルを用意すると良いかもしれません。接続がバッテリー直接なのでエンジンを切っていても充電は可能です。
外し忘れによるバッテリー上がりにはくれぐれも注意しなければいけません。


総評
デザインというか、見た目としては「あからさまに何かある」という感じは否めませんが、ポジションやサイズは丁度いいと思います。画面を注視できない位置ですし、横から見ると膝で隠れます。さすがに細めなのでニーグリップは不可能です。
耐久性については、これを取り付けてから数日通勤してみましたが、走行中の振動程度であれば、脱落や破損の心配はなさそうです。
面ファスナー+iPhoneホルダーも、iPhoneを装着してでこぼこ道を走ったりしましたが、しっかり食いついており脱落の心配はなさそうです。

というわけで、シガーソケット、ケース、及び携帯ホルダーのインプレでした。
結構しっかりできているので、しばらくは標準装備としておこうと思います。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。