上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その1の続き。その1はこちら

(相変わらず途中なので、後日追記します)

追記:まだまだ途中なのでまた後日追記します

追追記:かけました。ゆっくりご覧ください。


予想以上に寝付きが早かったのであっという間の二日目朝。
むー、と目を覚ますと、荊棘さんと目が合う。そして二人ともそのまま二度寝体制へ。

ふと気付くと(二度寝した後)、相方が起きだす。
7時半だぞ、と相方に蹴られるも、まだねるーとごろごろする二人。
・・・なんか荊棘さんが僕の頭やら髪の毛で遊んでる。

7時40分ごろ、目を覚ます。なにやら戦隊ヒーローものの番組をやっていて、ちょっとだけ見つつ、荊棘さんが別の部屋で支度を始めたので僕も着替える。
相方の準備も完了したところで、
8時過ぎ、出発。

朝飯は今や全国展開を始めた喫茶店、ご存知「コメダ珈琲店」。

伊勢には高速道路で行く予定だったので、湾岸道のインターまでの途中にあるガソリンスタンドで給油し、更にその先のコメダへ寄ってみた。
あれ、車が一台も無い。
どうやら臨時休業らしい。

ということで、適当に近くのコメダをiPhoneで検索し、南陽のコメダへ。
待たされると思ったが意外とすんなり入る事が出来た。

僕と荊棘さんはそれぞれガムシロップ有りと無しのアイスコーヒーを、相方はココア。
コメダのモーニングは控えめ。トーストとゆで卵のセットだ。

相方のココアはクリームが大量に乗っている。温かいココアにクリーム。
うーん、マウンテンの悪夢再び。
結局全部のまなかった様子。

一行は車に戻ると、伊勢湾岸道、東名阪、伊勢道を乗り継ぎ、伊勢を目指す。

(以下、後日)

普段から、車に乗ると一人カラオケ状態だ、という話をしたところ、
道中、歌って歌ってとリクエストがあった。でも歌えと言われて歌うのはちょっと恥ずかしい。なのであえて歌わなかったが、相方が勝手にiPhoneでコブクロの曲流し始めて、結局歌うはめに。でも歌詞わかんねぇ(笑)

走行しているうちに伊勢方面。
少し手前の玉城インターでおりて、一度荊棘さんを家へ送る。
準備をしてからまた合流する、との事で、しばらく周辺の散策。

相方と相談し、宮リバー度会パーク

ビーチサンダルをはいていた利点を生かして、僕だけ川遊び

26歳男子、川遊びではしゃぐ。
んで、相方はその辺へ写真を撮りに行き、僕は川を満喫したら芝生へ移動。

「ここで寝っ転がったら気持ちいいだろうな、あ、そういえば車にブルーシートがあるな」
と思い、相方と合流後、ブルーシートを車から出した所で荊棘さんより連絡。

昼寝構想はあきらめて、荊棘さんを迎えに行く。

合流後、一路伊勢神宮へ。
日曜の昼間。当然混んでいて、駐車場もほぼ満車。
駐車スペース外の所にも車が止まっているが、
荊棘さん曰く、「あんなのデフォですよ」出そうだ。まぁ、そんなもんか。

というわけで、ちょっと空いてたスペースに車を潜り込ませて、そのまま伊勢うどんを食べに行く。

伊勢うどん。麺は柔らかい。汁はなく、醤油ダレが掛かっている
何年ぶりだろう。うん、美味い。

荊棘さんが店の前に有る井戸に嫌われていた。
何度やっても出ないらしい。でも子供がやったら出てた。

一行はおかげ横町へ。人は更に増える。
次は豚捨のコロッケ。お肉屋さんのコロッケなのだが、
相方曰く「偕楽亭のコロッケのが美味い」
だそうだ。ちなみに偕楽亭は、名古屋にあるお肉屋さんの名前。
でもさすがに肉はおいしい。

で、伊勢神宮(内宮)。
入り口の宇治橋は架け替え工事の為渡れず

ビーサンでくるんじゃなかったと若干後悔しつつ、正宮へ。
五十鈴川で足だけ浸かって、冷たくて。
で、最深部

お賽銭を放ってお参り。
さて、次は赤福氷。

と、雨が降り出す。
雨の中、お土産も買い、駐車場近くの赤福のお店へ。
で、雨の中赤福氷を頼む。

まぁ、赤福氷ってこしあんと餅の入った抹茶かき氷、なんだよな。美味いから文句はないけど。

で、ふと横を見ると、相方と荊棘さんが寒そうだ。
相方はいいとして、荊棘さんは鳥肌立ってるし。
というわけで、早々に車に戻る。

車のシートが温かい、などと話しつつ、これからどうするか決める。
時間は午後3時。

相方は帰りたそうだったが、僕と荊棘さんは相変わらず遊び足りないと言った様子。
じゃあ昨日やらなかった事にしようか、とか言ってて、
結局候補が、ボウリング、カラオケ、ビリヤード。定番だ。
じゃんけんの結果ボウリングに決定。

(以下、後日追記)

iPhoneで検索してみると、近所にミエボウル。
荊棘さんに近所のボーリング場を聞いてみると、そこじゃな無いと思う、と。
はっきりした場所がわからないので、周囲の物を聞くと、ボウリング場の下にココイチがあるという。
ココイチを検索してみるとそこは・・・。

相方「ミエボウルやん(笑)」

というわけで、ミエボウルへ移動。
1ゲーム500円のところ、3ゲーム1000円というキャンペーン中らしく、3ゲームで、という事に。
1ゲーム目は普通、2ゲーム目は全力。3ゲーム目は、相方より、15ポンドで両手投げという縛り。
3ゲーム目の後半は2ゲーム目の全力投球に戻る。
3ゲームもやるとさすがに腕に疲労が。
右手の握力がヤバくなった所でゲーム終了。

その後、夕食の話になった所で、荊棘さんが「私、食べに行かへんよ」というまさかの一言。夕食は家に帰ると連絡したらしいし、門限に厳しい家庭らしいので仕方が無い。

荊棘さんを当人の車のもとまで送って、相方と二人、帰路につく。
夕食はラーメン。マウンテンのパスタ、夕食のソバ、今日の伊勢うどんときて、最後はラーメン。麺のオンパレード。

ラーメン屋が見つかったら適当に入ろうと思っていたら、いつの間にか高速道路へ。
相方は隣で高いびき。

そのままずっと走り、渋滞している東名阪を避けるため亀山で下道へ。四日市に入った頃に相方が起き、荊棘さんから電話があったことに気がつく。
かけ直している間に適当なラーメン屋を見つけ、入る。

僕はこがししょう油、相方はみそをチョイス。
味は・・・なんかひと味足りない。
相方に「伊勢うどんとどっちが美味かった?」
と訪ねられたので、
「伊勢うどん」と即答しておいた。愚問である。

そして、23号線に乗り換え、そのまま名古屋入り。相方を送って、帰宅。

実に内容の濃い土日だった。
いや、正直日曜は家でゴロゴロする事になるんだろうと思っていただけに、僕の気まぐれにがっつり乗っかって来てくれた荊棘さんには改めて礼を言いたいと思う。いや、まじで。
そして、一番被害を被った相方、本当におつかれさん。今後もこんな事は日常茶飯事だと思うから覚悟しておいてね。

というわけで、レポおわり。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。