上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。おいてけです。

とりあえず、2日目で⑨までしか進まなかったダイナストーム。
先日のサーキット走行会前夜、夜4時までかかって完成にこぎ着けました。シャーシだけ。


まずはギヤボックス。
昔タミヤのツーリングラリーをやっていた頃以来のボールデフ。
純レース仕様のダイナは形が全然違いました。なんかオープンな感じ。

そしてダイナストームの最強の武器、「マルチディスククラッチ」(以下MDC)
クラッチ板3枚にインナーディスク4枚の計7枚を挟み込んだ超メカニカルなクラッチ。
急加速や着地時の衝撃からギヤーを守る為にわざと滑るように作られたこの機構。
今でこそレース仕様の車には標準装備。ダイナはそのはしりなわけです。(それ以前に、更に原型となるTTCギヤトレインというのがありました)

更に、アルミシリンダーのスリーブドダンパー。
当時の高級品を集めて作っただけに凄い部品の数々に圧倒されつつ、無事完成しました。


で、この間の走行会で、早速骨折してしまったわけですが・・・。

折れた所はフロントバルクヘッド。左右のサスペンションアーム(ロアー側)の起点となる部分。
ダイナストームや同じタミヤのアスチュートという車では、ここが致命的な弱点だと言われています。よく割れるんですよ。

僕のも見事に割れたので、とりあえずタミヤのカスタマーにメールを送ったら、こんな返事が。

-------------------------------------------------------
おいてけ様

平素は、タミヤ製品をご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。
またこの度はご注文を頂きありがとうございました。

ご注文中、
1/10 RCCダイナストーム2WD D部品、K部品
は、生産停止・在庫終了となっております。
2001年にスポット生産された部品も在庫終了となっております。
ご希望に添えず申し訳ございません。

ボディ・ウィング、スパーギヤ袋詰めは、少量ではございますが
在庫がございます。
発送の方はいかが致しましょうか?
恐れ入りますが、ご検討の上、
ご連絡くださいますようお願い致します。
--------------------------------------------------------

メーカー欠品でやんの。

まあ、予想はしてたけどね。
上記内「D部品」にフロントバルクヘッドの部品が引っ付いています。
後の部品はついでです。


・・・さて、これで後は2択。

 ①中古完成品を手に入れる
 
 ②プラリペアで修復して再利用

さあ、あなたならどっち!?
Secret

TrackBackURL
→http://oitekebori.blog88.fc2.com/tb.php/84-fa5e1031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。